上州武尊2012-08-20 23:10:27

武尊頂上より南方をのぞむ
諸般の事情から、今年の夏は思いっきり長い縦走に出かけることはできていないのだけれど、週末に時間がとれればちょこちょこと軽く山に出かけている。

お盆に上州武尊の計画をたてて、しかしお天気が今ひとつなので見送って箱根の明神・明星ヶ岳。これはほんと暑くて暑くて、汗をかいて、そして「アブ」に追われた山でした。良かったのは花で、ヤマユリが見事。そしてシシウド、シモツケ、ギボウシなどなど、意外なほど多くの種類の花を楽しむことができた。

この週末は再び上州武尊を目指した。土曜日武尊牧場キャンプ場でのんびりキャンプ(雨にやられたけどね)、日曜日は朝イチバンで上州武尊へ。霧の中カラスがカアカア、なんだか神秘的なブナの森を、静かに進む。途中、「眠る男」のロケ地なる謎な場所があり、タイトルからして安部公房の小説かと思いましたが、これは群馬県が人口200万人突破を祝して政策したという映画の撮影場所との由。なんか、いかにも90年代の話だなー、と思った次第。

結局頂上までだれにも会わなかったのだけれど、ものすごい笹薮の露払いを言葉通りすべてするはめになり、ズボンはびっしょり、足下はぐちゃぐちゃ、なんだか大変な感じでピーク着。ピーク独占をしばし楽しんでいると、西側からあがってくる人が多く、復路では我々が露払いして差仕上げた道をやってくる多くの登山者に出会った。結構人気の山なんですね。

先週の箱根でのアブ攻撃にこりたワレワレは今回、虫よけのネットを導入。turtle*tortoiseは sea to summitのモスキートネットを使ったが、これは素晴らしく役に立った。折り畳むと小さくなるし、これは優れもの。

今夏、上州武尊に登りたかったのは、数年前の3月の雪山で、絶好の好天でありながら、ピークを踏めなかった残念感と、山の名前に惹かれてですかね。武尊と書いて、「ほたか」というのがいいかな〜、と。そんなところです。

記録: 5:30 武尊牧場キャンプ場 - 9:10頂上着 - 12:40 キャンプ場戻り

へちまスポンジ2012-08-26 21:03:16

へちますぽんじ
西日が差すキッチンの窓が暑いので、グリーンカーテン、と思って植えたニガウリ、へちま、キワーノ。キワーノが病気に弱く、ニガウリやへちまに絶大なる悪影響をもたらし、収穫が殆どできなかったなかで、生き残ったヘチマ君。昨日触ってみたら微妙に軽くなっていたので、収穫して皮を剥いてみたらすっかり繊維のみになっておりました。

ということで、へちまスポンジ。

ネットなんかでは、苦労して果肉を薬品で処理するようなやり方が出てましたが、ウチのは皮を剥いたらほぼおしまい。輪切りにして種を取って、キッチンハイターに浸してできました。

来年はキワーノはやらない! ニガウリとヘチマのみで行きます。